PAGE TOP

お知らせ

「スマートフォン用熱中症診断支援アプリケーション」(Android / iOS版)公開のお知らせ

日本救急医学会では、熱中症予防啓発の取り組みの一環として、重症度予測スコア(J-ERATO Score, Hayashida et al: PLoS One. 2018)を用い、元来判定が難しかった熱中症の重症度を正確化する取り組みを行っております。今年度、厚生労働省研究(研究代表者 緒方徹 東京大学医学部)の支援のもと、株式会社アルムが提供する、救急搬送トリアージアプリ『JoinTriage』に上記J-ERATO Scoreを組み入れ、スマートフォン用熱中症診断支援アプリケーション(以下、アプリ)を開発しました。


 このアプリは、バイタルサインが測定できない一般市民向けにも、キーワードにより、日本救急医学会熱中症ガイドラインにおける熱中症重症度(T-V度)の判定を行う機能を追加し、応急処置を指導するとともに近隣の病院の地図や道順を表示する機能を付加しています。

今般、上記アプリをフリーアプリとして広く配布するにあたり、本ホームページにてご案内いたします。 医療従事者のみならず、スポーツクラブのコーチ、屋外作業の監督者、学校の養護教諭の方、介護施設職員の方など、みなさんに広くご活用していただければ幸いです。 

一般社団法人 日本救急医学会
代表理事 坂本哲也

熱中症および低体温症に関する委員会
担当理事 横堀將司

厚生労働科学研究 障がい者の熱中症発生の実態に基づいた予防の支援方法に関する研究
主任研究者 緒方徹

★使用法:下記よりアプリをダウンロードしてください。




Android版はこちら
iOS版はこちら

メールアドレス、パスワードを登録いただき、Joinコードをご入力いただくと使用可能となります。
『Join コードをお持ちですか?』をタップし、Joinコード(オプション)に 119 と入力してください。


(免責事項)本アプリをダウンロードされる際は、マニュアル PDF をご覧になったうえ、下記を理解したものとします。

  • 本アプリは医療機器ではありません。本アプリが提供する情報及びサービスは、参考情報として提供されています。疾患や症状の診断、治療、緩和、予防など、いかなる医療目的への利用を想定しておりません。
  • 利用者は自己の判断と責任において本アプリを使用しなければなりません。
  • 本アプリは法人の社会的信用または利用者の利用結果について、いかなる証明、認証に関与するものでも、何ら補強するものではなく、あるいは何らの影響または効果を与えるものではありません。法人および利用者は自己の責任のもと本アプリを使用するものとします。
  • 利用者が本アプリを利用したことにより損害や損失、障害、その他負債を被ったとしても、本研究者、日本救急医学会及び株式会社アルムは一切その責任を負いません。
  • 本アプリの利用条件は、利用規約およびプライバシーポリシーに定めるものとします。
  • 熱中症が疑わしい場合の、性別、年齢、発生場所、発生状況、既往歴などの情報を収集し、わが国の熱中症予防目的に二次利用する可能性があることを申し添えます。

〜本件に関するお問い合わせ〜

【本アプリ試用に関すること】

日本医科大学大学院医学研究科
横堀 將司 shoji@nms.ac.jp

【アプリケーション・システムに関すること】

ユーザー専用窓口 https://www.allm.net/support/