PAGE TOP

お知らせ

【公示】 評議員選出に関するお知らせ

一般社団法人 日本救急医学会
代表理事 嶋津 岳士

 一般社団法人日本救急医学会の次期評議員を選出するための審査を実施いたします。本審査は、定款及び同施行細則ならびに評議員選出委員会内規に則り行います。本審査を希望される会員は、下記事項を熟読の上、所定の手続きをおとりください。

1.申請者の資格条件
本会評議員の審査を受けようとする会員は、定款施行細則第1章第3条により、2020年(令和2年)3月31日時点において、下記1〜6の資格条件をすべて満たしていること。
  1. 引き続き10年以上当法人会員であり、かつ会費を完納していること。
    • 2010年(平成22年)12月31日以前に入会の会員が対象。
    • 年会費は、昨年度分(2019年度)までを完納していること。
  2. 医師免許取得後10年以上またはこれに準ずる経歴を有すること。
  3. 最近2年間に救急医学に関連する十分な実績があること。ただし、新規申請者については、最近5年間の業績を必要とする。
    • 現評議員は2018年4月1日から、新規申請者は2015年4月1日から、それぞれ申請締切日の2020年(平成30令和2年)3月31日までの総会発表、または機関誌への掲載または論文採用決定通知等を業績とする。
  4. 当法人の認定医または専門医であること。(学会指導医資格を有する者が望ましい。)
  5. 評議員選出の事業年度において、満65歳未満であること。
    • 本事業年度内(2020年1月1日〜12月31日)において、満65歳未満であること。
    • 生年月日が1956年(昭和31年)1月1日以降の会員が対象。
  6. 正当な理由無くして連続2年間にわたり社員総会を欠席した者は、次期の審査を受ける資格を喪失する。
    • 定款上、委任状の提出は出席扱いと同一であるが、本審査においては正規の出席と区別する。
    • 対象は現評議員で2018年11月の社員総会から2020年2月の社員総会までの計4回(2018年11月、2019年2月/10月、2020年2月)。
  7. ※交通機関の乱れ等によって、社員総会をやむを得ず欠席された方は、公共交通機関の遅延証明書を添付してください。
    出欠席の返信を事前に「出席」で学会に提出しており、かつ社員総会当日の公共交通機関の遅延証明書提出された方は、社員総会へ出席したものとみなします。
    遅延証明書の発行については、各交通機関のHPまたは窓口にお尋ねください。
    ※証明書発行の際、交通機関によっては確認に時間を要することがあるようですので、早めの手続きをお勧めいたします。
2.申請書類
  • 申請書類他は下記からダウンロードしてください。
    なお、現評議員であっても申請手続きが必要ですのでご注意ください。
様式1〜3(審査申請書・経歴・業績歴) XLS
 イ.記載・提出の注意事項 PDF
(イ.に基づき、様式1〜3を提出のこと)

3.申請書類受付締切
2020年(令和2年)3月31日(火)(必着厳守)
締切日以降の提出書類は一切受け付けませんのでご注意ください。

4.評議員総数および任期
選出される評議員総数:正会員数の2.0%〜2.5%
任期:2021年(令和3年)2月開催の定時社員総会終結時 〜

2023年(令和5年)2月開催の定時社員総会終結時

以上

2020年1月21(掲載日)日

一般社団法人 日本救急医学会
評議員選出委員会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-12
ケイズビルディング 3F
TEL 03-5840-9870
FAX 03-5840-9876
jaam-6@bz04.plala.or.jp