Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

新専門医制度・更新

日本専門医機構 救急科専門医更新基準

専門医共通講習

  • 本会及び関連学会主催の専門医共通講習はこちら PDF
  •  開催が決定しましたら「会員専用ページ(e医学会)」>「研修会・セミナー」にも掲載されます
  • ※開催予定がない場合は掲載されません

  • 医師会主催の専門医共通講習はこちら

  • 施設主催の専門医共通講習
  • 2018年3月までに開催された講習会については、どの施設で開催された講習会でも受講証明が提出できれば単位認定が可能です。
  • 2018年4月以降に開催される講習会については、基幹施設・連携施設である医療機関から日本専門医機構に申請し、認定を受けた講習会のみが単位対象となります。申請は、日本専門医機構ホームページ「専門医共通講習の申請について」http://www.japan-senmon-i.jp/renew/application.html

  • 専門医共通講習につきましては、1単位/回(1時間以上)です
  • 2018年3月までに開催された専門医共通講習の内容に該当する講習会については、
     施設主催以外につきましても、受講証明が提出できる場合は、単位認定が可能です。
  • すべての基本領域専門医が共通して受講する項目であり、他の基本領域で開催された
     専門医共通講習につきましても、受講証明が提出できるならば、単位認定可能です。

救急科領域講習


Q&A(よくあるご質問と回答)

  • 移行期間(2017〜2020年)についての質問

Q:2017年〜2020年の移行期間は、現制度(日本救急医学会)による更新もしくは、新制度(日本専門医機構)の基準での更新のどちらでも可能とのことですが、両方とも申請してもよいのですか

A:いいえ、両方を申請することはできません。どちらかひとつを選んで申請してください。

Q:新制度(日本専門医機構)は2021年から完全運用とのことですが、2017年〜2020年の移行期間に現制度(日本救急医学会)で更新した場合、2021年に新制度(日本専門医機構)での更新が必要になるのですか

A:いいえ、2017〜2020年の移行期間中に現制度(日本救急医学会)で更新した場合も、認定期間は5年間となります。 例)2018年更新対象者(専門医有効日が2018年12月31日の方)が現制度(日本救急医学会)で更新した場合、認定期間は2019年1月1日〜2023年12月31日となり、2023年更新時に新制度(日本専門医機構)で更新いただくことになります。また、この間の学会専門医と機構専門医は同等の資格として扱われます。

  • 救急科領域講習についての質問

Q:B救急科領域講習のB救急領域に関する医師会主催のセミナー・講演会・講習会について単位に認められるのは?

A:下記、1)〜4)をすべて満たしているものが単位に認められます

----------------------------------------------------------------------
1)形態が「セミナー・講演会・講習会」であること(e-learningは不可)
2)受講証明が提出できること
3)医師会主催であることがわかるものが提出できること
 (受講証に記載があればOK。プログラムのコピーなどでもよい)
4)開催時間がわかるものが提出できること
 (受講証に記載があればOK。プログラムのコピーなどでもよい)
----------------------------------------------------------------------
・医師会とは、日本医師会・都道府県医師会・郡市医師会のいずれでもよい
・営利団体が共催のものは原則として認めない
・救急医療に関するかについて、救急は広域にからむため内容は限定しない。
 (内容については当面審査しない)
・日本医師会生涯教育制度についても上記に該当するものであれば、単位に認める。
・主催される医師会の方へ:医師会からの事前の申請は不要ですが、受講者氏名、日時、
 開催時間、医師会主催であることがわかる受講証明を発行くださいますようお願いします。

Q:B救急科領域講習のE機構が認定するシミュレーションOff-JTに認められるのは?

A:2018年1月現在、下記のコースが認められています。(下線は更新基準に記載があるもの。承認順。)

ICLSAHA公認ACLS・BLSJATECJPTECJETECDSTCATOMSSTTDIRECT
AO Trauma JapanMIMMSMCLSDMATJMECAMLSFCCSMCCRCABLS
PALS
ped-ITLS
ISLS
日本航空医療学会主催ドクターヘリ講習会
PFCCS
ALSO
BLSO
PTLS
日本集中治療医学会主催エコーハンズオンセミナー
ENLS
JTAS
PNLS
PEEC
FOCUS
PECEP

・コースを主催される方へ:上記の承認済みコースはコース自体が認定されておりますので、
 開催ごとの申請は不要となりますが、受講証明を発行くださいますようお願いします。

Q:専門医共通講習と救急科領域講習についてe-learningで受講できるようになりますか?

A:学会としては、e医学会(会員専用ページ)にてe-learningで受講できるよう準備中です。2018年5月頃の開始を目指しております 開始時には、このページに掲載するとともに救急科専門医には登録のメールアドレスにお知らせいたします。

  • 診療実績の証明についての質問

Q:診療実績の証明のB能力判定試験(E-test)はどこで受けられるのですか

A:e医学会(会員専用ページ)にてE-testが受験できるよう準備中です。
E-testの準備ができるまでは、その年の更新者のみを対象としてネット上で試験問題をダウンロード、回答用紙を申請書類に同封して提出する形式で実施します。ダウンロードページにつきましては更新の案内に同封し、対象者に3月下旬に郵送でお知らせします。

ひとつ前の画面へ
このページの上へ