Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

指導医制度

【指導医-更新申請】年間スケジュール

注)この日程はあくまで予定です。諸事情により変更されることがあります。

3月下旬 日本救急医学会事務所より対象者に更新申請書類を送付
4月1日〜6月末日 更新申請書類受付
学術集会終了後 合否通知
12月 認定証発行・発送
翌年1月1日〜有効期限 指導医認定

指導医更新申請手数料:10,000円
指導医更新認定料:10,000円

【指導医−更新申請】更新に関する規定(関係条文を抜粋)

日本救急医学会指導医認定制度 第10章第20条

指導医は、指導医資格取得後5年ごとに、これを更新しなければならない。ただし名誉会員(及び功労会員)はその限りではない。


日本救急医学会指導医認定制度施行細則 第9章第17条  【2017年申請から】

第17条 指導医の更新を申請する者は、有効期間満了年の申請期間に、次の各項に定める書類の正本各1通及び副本各7通を、別に定める申請手数料とともに、指導医認定委員会に提出しなければならない。

1. 指導医更新申請書
2. 履歴書
3. 指導医資格取得後5年間における会費納入証明書
4. 指導医資格取得後5年間で3回以上の日本救急医学会総会・学術集会への参加
5. 指導医資格取得年の前年の4月1日以降5年間の業績目録
業績目録においては、制度委員会が定める配点に従い、総点数55点以上の業績を記載しなければならない。その内訳は、参加・経験すべき事項10〜20点、学会発表 25点、誌上発表10〜20点とする。
なお、日本救急医学会総会での司会・座長、及び指導医セミナーへの参加は、学会発表に含むことができる。ただし、業績に含むことができる指導医セミナーへの参加については、1回(5点)を限度とする。また、誌上発表の中には、日本救急医学会雑誌(JJAAM)・Acute Medicine &Surgery(AMS) を含むことが望ましい。
6. 申請締切時において、満65歳以上の指導医は、前回の更新申請年4月1日〜申請年の3月31日までに日本救急医学会総会に3回出席したことを証明するもの(参加証など)の提出をもって、本条5項の業績にあてることができる。

日本救急医学会指導医認定制度施行細則 第9章第18条

第18条 指導医の更新に当たり、特別の理由により5年間で総点数55点に満たない者は、有効期間満了年の申請期間に、第17条に定める申請書類及び次の各項に定める書類の正本各1通及び副本各7通を、別に定める申請手数料とともに、指導医認定委員会に提出しなければならない。

1. 指導医更新猶予申請書(書式自由)
2. 更新猶予申請理由を証明するもの

日本救急医学会指導医認定制度施行細則 第9章第19条  【2017年申請から】

第19条 前条により、更新猶予が認められた者は、有効期間満了年の2年後の申請期間に、細則第9章17条に定める手続きを取らなければならない。なお、その際提出する業績目録においては、指導医資格取得年の前年の4月1日から7年間で総点数55点以上の業績の記載及び、日本救急医学会総会・学術集会への5回以上の参加履歴を記載しなければならない。ただし、業績に含むことができる指導医セミナーへの参加については、2回(10点)を限度とする。
指導医セミナーを業績に含むことができるのは、単年度につき1回(5点)を限度とする。


「指導医制度(制度規則・細則)」「業績目録および診療実績表」「指導医認定委員会申し合わせ事項」がございます。申請を希望される場合は必ずご一読ください。

ひとつ前の画面へ
このページの上へ