Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧 専門医を取得する 専門医を更新する
研修プログラム申請 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

専門医を更新する

救急科専門医更新について、現在は日本救急医学会が審査・認定を行っておりますが、今後は日本救急医学会で一次審査を行い、日本専門医機構機構が二次審査を行い認定することになります。

新制度(日本専門医機構)による更新は、2021年更新対象者(専門医の有効期限が2021年12月31日の方)から完全運用です。
2020年更新対象者(専門医の有効期限が2020年12月31日の方)までは、現制度(日本救急医学会)での更新が可能です。
2020年までは移行期間となり、移行期間中は現制度(日本救急医学会)による更新、もしくは新制度(日本専門医機構)での更新のどちらかを選んで申請いただくことになります


● 2019年の専門医更新について-準備中-
● 2020年の専門医更新について-準備中-


専門医の有効期限の確認方法 e医学会(会員専用ページ)>専門医単位照会

業績対象期間 更新日の前年の4月1日から有効期限年の3月31日まで(通常であれば5年間)
    (認定期間は1月1日〜12月31日であるが、業績対象期間は前年の4月1日〜3月31日となるので注意すること)

年間スケジュール
注)この日程はあくまで予定です。諸事情により変更されることがあります。
3月下旬 日本救急医学会事務所より対象者に更新申請書類を送付
4月1日〜6月末日 更新申請書類受付
11月中旬 合否通知
12月 認定証発行
翌年1月1日〜有効期限 専門医認定
現制度:更新申請手数料10,000円(指導医取得者は更新申請手数料0円)、更新認定料10,000円
新制度:更新申請手数料20,000円、更新認定料10,000円

専門医を更新する(新制度:日本専門医機構)

<対象者>
     2021年更新対象者(専門医の有効日が2021年12月31日)以降の方
     2019年更新対象者(専門医の有効日が2019年12月31日)で新制度での更新を選択する方
     2020年更新対象者(専門医の有効日が2020年12月31日)で新制度での更新を選択する方

     上記のうち、現制度で前回もしくは前々回更新時に猶予申請した方は新制度での更新はできません
     ※学会専門医の通常更新に復帰後、次の更新の際に機構専門医として更新することになります。

  • 日本専門医機構 救急科専門医更新基準 PDF
  • 申請書 様式1
  • 申請書 様式2〜5 PDF
  • 2021年更新対象者(専門医の有効日が2021年12月31日の方)から完全運用です。
  • 2020年更新対象者(専門医の有効日が2020年12月31日の方)までは、日本救急医学会専門医認定制度(現制度)での更新が可能です。
  • 【注】上記は、完全運用(2021年更新)後の申請書です。
       移行期間(2019年・2020年)の申請書については、申請年3月下旬にホームページに掲載予定です。

  • レジストリ登録入力者証明書 PDF (C)学術業績・診療以外の活動実績/学術研究(レジストリ登録)への参加用)
  • 医療事故調査への認定証はこちら (C)学術業績・診療以外の活動実績/医療事故調査制度における外部委員用)

  • 本会及び関連学会主催の専門医共通講習
  •  開催が決定しましたら「会員専用ページ(e医学会)」>「研修会・セミナー」に掲載されます
  • ※開催予定がない場合は掲載されません

  • 医師会主催の専門医共通講習はこちら

  • 施設主催の専門医共通講習
  • 2018年3月までに開催された講習会については、どの施設で開催された講習会でも受講証明が提出できれば単位認定が可能です。
  • 2018年4月以降に開催される講習会については、基幹施設・連携施設である医療機関から日本専門医機構に申請し、認定を受けた講習会のみが単位対象となります。申請は、日本専門医機構ホームページ「専門医共通講習の申請について」http://www.japan-senmon-i.jp/renew/application.html

  • 専門医共通講習につきましては、1時間以上2時間未満は1単位、連続して2時間以上は2単位です
  • 2018年3月までに開催された専門医共通講習の内容に該当する講習会については、
     施設主催以外につきましても、受講証明が提出できる場合は、単位認定が可能です。
  • 2018年4月以降に開催される講習については、事前に認定されている講習会のみ単位認定可能です。
     原則として、都道府県医師会や地域医師会が開催する場合は日本医師会、基幹施設・連携施設が開催する場合は
     日本専門医機構、学会が開催する場合は関連する基本領域学会が審査・認定しており、認定された講習については
     専門医共通講習であることが明示されています。
  • すべての基本領域専門医が共通して受講する項目であり、他の基本領域で開催された
     専門医共通講習につきましても、受講証明が提出できるならば、単位認定可能です。

e-learningについて

  • 会員専用ページ(e医学会)にて実施しています
  • 日本専門医機構救急科専門医更新単位付与対象となっているコンテンツには赤のマークがついています
  • 動画を最後まで全て視聴し、視聴完了コードを入力後、制限時間内に設問に合格(5問中4問以上正解)し課金した場合に単位付与されます。
  • 2020年更新対象者(専門医の有効期限が2020年12月31日の方)までは、日本救急医学会専門医認定制度(現制度)でも更新が可能です。現制度で更新する場合は、e-learningを受講されても更新単位にはなりません

受講の流れ

  1. 日本救急医学会ホームページTOP左上の『会員専用ページ』をクリック
  2. 会員ID(もしくはe医学会ID)とパスワードを入力してログイン
  3. 「動画配信」をクリック
  4. コンテンツを選択、最後まで視聴すると表示される視聴完了コードを入力
  5. 制限時間内に設問解答(5問中4問以上正解で合格)
    ▼合格点に達しなかった場合、制限時間内であれば何回も受験することが可能です。
    ▼制限時間内に合格しなかった場合や途中でログアウトした場合は視聴し直せば、
     再度受験可能です。
  6. 「単位申請へ」をクリック:課金(1コンテンツ3,000円
    ▼専門医更新単位を取得する場合は、課金が必要です
    ▼支払い方法は、クレジットカード支払いです。返金は、一切できません
  7. e医学会(会員専用ページ)>専門医単位照会 に表示されます
    ▼単位取得した場合には即日表示されます。「参加日」は視聴日となります
    ▼単位取得していない場合の視聴状況は、視聴の翌日0時〜2時以降に反映されます

■ 会員専用ページ(e医学会)について

  • ID・パスワードをお忘れの方はこちら
  • 会員専用ページのご利用が初めての方:ユーザー登録が必要です。ユーザー登録の手順はこちら

■ 「救急科領域講習(指導医講習会)現場で役立つ指導医に必要なスキルと考え方(faculty developmentとプライマリケアの視点から)」は、専門研修プログラム整備基準BOX36「専門研修指導医の基準」に記載の「日本救急医学会等の準備する指導医講習会」にあたり、このコンテンツのみ無料となっております。
専門研修指導医となるためには臨床研修指導医養成講習会等の指導医講習会の受講が必須の要件となります。勤務先等で臨床研修指導医講習会を未受講の指導医は本コンテンツを速やかに受講してください(2017年の学術集会時に受講されていればe-learning講習は不要です)。未受講のままですと、移行期間後は専門研修指導医としての要件を満たさなくなります。


動画配信をクリック
機構更新単位対象には 赤の マーク
クリックすると動画がはじまります
制限時間
最後まで全て視聴すると表示される
視聴完了コードを入力
解答後、クリック


単位取得する場合は、クリックして課金の
手続きをしてください

  • 移行期間(2017〜2020年)についての質問

Q:2017年〜2020年の移行期間は、現制度(日本救急医学会)による更新もしくは、新制度(日本専門医機構)の基準での更新のどちらでも可能とのことですが、両方とも申請してもよいのですか

A:いいえ、両方を申請することはできません。どちらかひとつを選んで申請してください。

Q:新制度(日本専門医機構)は2021年から完全運用とのことですが、2017年〜2020年の移行期間に現制度(日本救急医学会)で更新した場合、2021年に新制度(日本専門医機構)での更新が必要になるのですか

A:いいえ、2017〜2020年の移行期間中に現制度(日本救急医学会)で更新した場合も、認定期間は5年間となります。 例)2018年更新対象者(専門医有効日が2018年12月31日の方)が現制度(日本救急医学会)で更新した場合、認定期間は2019年1月1日〜2023年12月31日となり、2023年更新時に新制度(日本専門医機構)で更新いただくことになります。また、この間の学会専門医と機構専門医は同等の資格として扱われます。

  • 救急科領域講習についての質問

Q:B救急科領域講習のB救急領域に関する医師会主催のセミナー・講演会・講習会について単位に認められるのは?

A:下記、1)〜4)をすべて満たしているものが単位に認められます

----------------------------------------------------------------------
1)形態が「セミナー・講演会・講習会」であること(e-learningは不可)
2)受講証明が提出できること
3)医師会主催であることがわかるものが提出できること
 (受講証に記載があればOK。プログラムのコピーなどでもよい)
4)開催時間がわかるものが提出できること
 (受講証に記載があればOK。プログラムのコピーなどでもよい)
----------------------------------------------------------------------
・医師会とは、日本医師会・都道府県医師会・郡市医師会のいずれでもよい
・営利団体が共催のものは原則として認めない
・救急医療に関するかについて、救急は広域にからむため内容は限定しない。
 (内容については当面審査しない)
・日本医師会生涯教育制度についても上記に該当するものであれば、単位に認める。
・主催される医師会の方へ:医師会からの事前の申請は不要ですが、受講者氏名、日時、
 開催時間、医師会主催であることがわかる受講証明を発行くださいますようお願いします。

Q:B救急科領域講習のE機構が認定するシミュレーションOff-JTに認められるのは?

A:2018年5月現在、下記のコースが認められています。(下線は更新基準に記載があるもの。承認順。)

ICLSAHA公認ACLS・BLSJATECJPTECJETECDSTCATOMSSTTDIRECT
AO Trauma JapanMIMMSMCLSDMATJMECAMLSFCCSMCCRCABLS
PALS
ped-ITLS
ISLS
日本航空医療学会主催ドクターヘリ講習会
PFCCS
ALSO
BLSO
PTLS
日本集中治療医学会主催エコーハンズオンセミナー
ENLS
JTAS
PNLS
PEEC
PUSHコース指導者養成講習会
PUSHリニューアルコース
FOCUS
PECEP
NCPR
JHN-POCUS
日本集中治療医学会主催Be an Intensivistコース
日本集中治療医学会主催J-PADガイドラインセミナー
日本集中治療医学会主催緊急気道確保対応トレーニング
日本集中治療医学会主催神経集中治療ハンズオンセミナー
日本集中治療医学会主催早期離床セミナー
日本集中治療医学会主催臓器提供ハンズオン
日本集中治療医学会主催非同調・経肺圧セミナー
日本集中治療医学会主催腹臥位ハンズオンセミナー

・コースを主催される方へ:上記の承認済みコースはコース自体が認定されておりますので、
 開催ごとの申請は不要となりますが、受講証明を発行くださいますようお願いします。

  • 診療実績の証明についての質問

Q:診療実績の証明のB能力判定試験(E-test)はどこで受けられるのですか

A:e医学会(会員専用ページ)にてE-testが受験できるよう準備中です。
E-testの準備ができるまでは、その年の更新者のみを対象としてネット上で試験問題をダウンロード、回答用紙を申請書類に同封して提出する形式で実施します。ダウンロードページにつきましては更新の案内に同封し、対象者に3月下旬に郵送でお知らせします。

    新制度における再取得は、現在は受付ておりません。(2021年より受付開始予定)
    再取得希望の方は、2020年までは現行制度にて再取得をお願いします。


専門医を更新する(現制度:日本救急医学会)

<対象者>
     2019年更新対象者(専門医の有効日が2019年12月31日の方)
     2020年更新対象者(専門医の有効日が2020年12月31日の方)
     現制度で前回もしくは前々回更新時に猶予申請した方

専門医認定制度 (制度規則・細則) ………(P 1〜P11)[PDF 335KB]
業績目録(専門医更新に必要な業績目録) ………(P23〜P25)[PDF 125KB]

■必要な業績(通常更新者)
合計150点以上(内、少なくとも100点は日本救急医学会総会、日本救急医学会地方会および日本救急医学会専門医セミナーにおいて取得。ただし、日本救急医学会総会出席の点数を含めること)

■申請書類(通常更新者)
対象者には更新年の3月下旬に事務所より郵送しますが、下記からもダウンロードできます。
更新申請書類 記載・提出時の注意点 PDF
業績目録(専門医更新に必要な業績目録) PDF
救急科専門医更新申請書(通常更新) 2019年更新者用   2020年更新者用

【注1】日本救急医学会指導医取得者については、更新申請書(専門医書式第8号)のみのご提出ください(業績の提出は不要)。

【注2】前回もしくは前々回更新時に猶予申請した方につきましては、上記申請書はご使用いただけません。事務所より申請年3月に送付する申請書類をお使いください。業績対象期間や必要な業績も通常更新者とは異なりますのでご注意ください。

日本救急医学会専門医認定制度 第10章第20条

専門医は、専門医資格取得後5年ごとに、これを更新しなければならない。ただし名誉会員(及び功労会員)はその限りではない。


日本救急医学会専門医認定制度 第6章第16条

専門医の更新を申請する者は、有効期間満了年の申請期間に、次の各項に定める申請書類の正本各1通及び副本各11通を、別に定める申請手数料とともに、専門医認定委員会に提出しなければならない。

  1. 専門医更新申請書
  2. 専門医資格取得後5年間における会費納入証明書
  3. 専門医資格取得年の前年の4月1日以降5年間の業績目録
    なお、業績目録においては、制度委員会が定める配点にしたがい、総得点150点以上の業績目録を提出しなければならない。そのうち少なくとも100点は、日本救急医学会総会、日本救急医学会地方会及び日本救急医学会専門医セミナーにおいて取得しなければならない。ただし、総会出席の点数を含めること。
  4. 申請締切時において、満65歳以上の専門医は、申請時点より遡る5年間に日本救急医学会総会に3回出席したことを証明するもの(参加証など)の提出をもって、本条4項の業績にあてることができる。

日本救急医学会専門医認定制度施行細則 第6章第17条

指導医の資格をもつ専門医の更新は、指導医の更新をもってこれにあてる。ただし、専門医更新申請書は提出しなければならない。


日本救急医学会専門医認定制度施行細則 第6章第18条 

専門医の更新に当たり、特別の理由により5年間で総得点150点に満たない者は、有効期間満了年の申請期間に、第16条に定める申請書類及び次の各項に定める書類の正本各1通及び副本各11通を、別に定める申請手数料とともに、専門医認定委員会に提出しなければならない。

  1. 専門医更新猶予申請書(書式自由)
  2. 更新猶予申請理由を証明するもの

日本救急医学会専門医認定制度施行細則 第6章第19条 

前条により、更新猶予が認められた者は、有効期間満了年の2年後の申請期間に、細則第6章第16条に定める手続きをとらなければならない。なお、その際提出する業績目録は、専門医資格取得年の前年の4月1日から7年間で総得点210点以上の業績を記載しなければならない。そのうち少なくとも140点は日本救急医学会総会、日本救急医学会地方会及び日本救急医学会専門医セミナーにおいて取得しなければならない。(ただし、総会出席の点数を含めること。)この場合の更新後の専門医資格有効期間は、3年間とする。次の更新に関しては、有効期間3年間で総得点150点以上の業績を記載しなければならない。


専門医制度(制度規則・細則)PDF」「業績目録(専門医更新に必要な業績目録)PDF」がございます。申請を希望される場合は必ずご一読ください。

 専門医失効者の再認定については、新規申請しか手段がありませんでしたが、理事会(2016年11月16日開催および2018年8月10日開催)にて、専攻医を指導する救急科専門医の確保等を目的に、下記要領による専門医失効者の再認定申請を2017年、2018年、2019年、2020年の4年間のみ、実施することが承認されました。
 2021年以降は日本専門医機構の新制度の完全運用が開始される予定なので再認定についてもそちらの規定に従うこととなります。

申請資格(対象者)
救急科専門医を失効しており、日本救急医学会会員である者
注1)学会認定医のみの取得者は対象としない(救急科専門医を取得し、その後失効している者が対象となる)
注2)退会者が再取得を希望する場合、申請の受付期間中に未納会費はすべて納入し、会員として復帰すること

申請の受付期間
5月1日〜6月30日【消印有効】
締切日を過ぎて提出された申請書類は一切受理せず返却するので、ご注意ください
必ず、配達記録の残る方法(簡易書留、レターパックプラス、宅急便等)で送付すること

審査の方法
救急勤務歴審査と診療実績審査は過去に合格していることから免除とする
再認定筆記試験を受験し、合格すれば翌年1月1日〜再認定する
再認定筆記試験は、新規筆記試験と同日・同会場にて行う(2018年試験日はこちら PDF から確認下さい)
試験時間は2時間を予定。試験内容には、専門医筆記試験問題から抜粋された問題を含む。

申請書類
1)救急科専門医再認定申込書(推薦者として救急科専門医2名の署名(うち、1名は学会指導医が望ましい)が必要))
2)履歴書
3)医師免許証のコピー(A4サイズに縮小・白黒可)
4)審査料の振込みを証明するもの
救急科専門医再認定申請書 PDF

審査料
10,000円 (再認定された場合には、別途認定料10,000円)
一旦振り込まれた審査料はいかなる理由があっても返還されません。 審査料を支払われ、書類が期日までに届かない場合は、申請なしとなる上に、 申請手数料は返還されませんので十分ご注意ください。

審査スケジュール
5月1日〜6月末日 再認定申請書類受付
〜7月 申請書類に不備がなければ、受験票(ハガキ)を申請者に送付
9月中旬(予定) 筆記試験
11月 結果通知
12月 認定証発行
翌年1月1日〜有効期限 専門医認定
※再取得後は、日本専門医機構 救急科専門医更新基準に則り、5年ごとに更新が必要となりますので、ご承知おきください。

【提出先】
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-12 ケイズビルディング3階
日本救急医学会 専門医再認定係

以上

ひとつ前の画面へ
このページの上へ