男女共同参画推進特別委員会

男女共同参画推進特別委員会 活動報告

男女共同参画推進特別委員会 発足の経緯

現在、日本医学会の分科会各会において、女性(あるいは男女)医師参画推進の取り組みが立ち上がっており、すでに支援プログラムなどの実績があります。本学会では、平成25年第3回理事会において、「救急医療における女性医師参画推進プロジェクト」が提案され、検討会が発足しました。

検討会の25年度実績

  • 女性救急医の勤務実態アンケート調査(学会所属の女性医師1000人程度全員に送付)
  • 調査結果報告(一部)
  • 第41回日本救急医学会総会・学術集会にで「女性ラウンジ」を設置

女性医師参画推進特別委員会の設置と活動

上記プロジェクトに引き続き、日本救急医学会「女性医師参画推進特別委員会」を設置することが、平成26年2月19日の理事会で承認されました。
委員数を4名から6名に増員し、男性医師2名、女性医師4名の構成で、メールで議事、日程調整ののち、5月29日に第1回委員会が開催されました。10月28日〜30日の日本救急医学会総会・学術集会における委員会企画にむけての準備行い、企画の結果や、会員からの声をもとに、女性医師参画推進の方策を提言することを目的としています。

平成27年2月に委員会名称を「女性医師参画推進特別委員会」から「男女共同参画推進特別委員会」に変更しました。

コアメンバー募集中! メーリングリスト登録のご案内


日本救急医学会 男女共同参画推進特別委員会トップページへ