Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧 専門医を取得する 専門医を更新する
研修プログラム申請 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

研修プログラム管理システム「症例登録システム」オープンのお知らせ

2019年3月28日

救急科専門研修プログラム
統括責任者、連絡担当者、救急科専攻医 各位

研修プログラム管理システム 症例登録システムのオープンについて

本日より「研修プログラム管理システム」の症例登録システムをオープンいたします。

【研修プログラム管理システムURL】
https://www.e-igakukai.jp/user_service/kaiin_portal/ml_ap/ml_login.htm?para1=ex&para2=st&para3=1003.to_kenpro&para4=1003

 本システムはe医学会のシステムを利用いたしますので、専攻医もe医学会のID・PWを利用してログインしていただきます。既にプログラムを始めている専攻医、2019年4月1日からプログラムを開始する専攻医を問わず、専攻医には症例登録のため早急に救急医学会会員となり、e医学会のID・PWを取得するよう強くお勧めください。

※これまでExcelで管理していただいた症例や活動実績に関して
1)  2017年4月1日または2018年4月1日以降に研修プログラムでの研修を開始した専攻医で、既にExcelで症例等を管理・入力していただいている場合、本システムに一括して情報を反映することが可能です。もちろん、一括反映を利用せず、研修プログラム管理システムへの直接入力も可能です。これからの新たな症例登録は、Excelへの入力を介さずに、研修プログラム管理システムへの直接入力を原則としてください。
 なお、一括反映の利用は2019年9月30日までです。2019年10月1日からは研修プログラム管理システム上での管理に完全移行となります。
2)  診療実績の経験症例に関して一部、新制度に合わせ項目名の変更がございます(添付「診療実績表」参照)。Excelには旧項目名が表示されておりますが、研修プログラム管理システム上では新しい項目名のみへと変更しております。
 一括アップロードの際には影響がないよう調整しておりますが、一括アップロード後は念のため間違いがないかご確認ください。

 本システムのオープン直後はご不便をお掛けすることがあるかもしれませんが、今後も更に検討を重ね、より良いシステムへと改修を進めていく所存でございます。

一般社団法人日本救急医学会
代表理事 嶋津 岳士
研修プログラム委員会委員長 畝本 恭子
研修プログラム委員会担当理事 坂本 哲也
総務WG長  武田 聡



このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine