Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧 専門医を取得する 専門医を更新する
研修プログラム申請 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

敗血症セミナー in 名古屋 2018 開催のご案内

◇開催目的

 敗血症や敗血症性ショックの治療においては、早期診断・早期治療、それに引き続く集中治療が不可欠です。
 また、敗血症診療全般においては、日常診療上での救急医の敗血症診療に関する最新知見の習得と多職種の連携が重要です。
 今回のセミナーでは、「Beyond the guideline -敗血症診療ガイドラインを超えて-」をテーマとし、最新のエビデンス・理論を総括するとともに、実際の医療現場でどのようにガイドラインを活かし、また超える必要があるのか、管理の上でどの点に注意しながらみていけばよいのかなど、実際の症例の検討を交えてご参加の皆さまと考えたいと思います。
 敗血症診療に携わる多くの医療関係者の皆さまにご参加いただければ幸いです。

*なお、本セミナーでは救急科領域講習“敗血症最新エビデンス 2018”の受講が可能ですので、日本救急医学会救急科専門医及び今年度受験中の先生方は奮ってご参加ください。

◇開催概要

日 時:2018年12月1日(土)13:00〜17:00(受付12:00)
場 所:名古屋市立大学病院(病棟・中央診療棟3階大ホール)
    〒467-8602 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
    アクセスマップ :(http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/sakurayama.html
    キャンパスマップ:(http://www.nagoya-cu.ac.jp/campus-map/sakurayama.html
    ※ホール内飲食禁止
募集人数:250人
対 象:日本救急医学会会員、日本集中治療医学会会員、およびその他医療従事者
受講料:5,000円
共 催:日本救急医学会、日本集中治療医学会

◇プログラム ※講義名は若干変更になる場合がございますのでご了承ください。

テーマ:Beyond the guideline -敗血症診療ガイドラインを超えて-
総合司会:松嶋 麻子(日本集中治療医学会 Global Sepsis Alliance 委員会 委員長)
13:00〜13:05 開会の辞 
         日本救急医学会 敗血症合同活動委員会 担当理事 田中 裕
第1部 13:05〜14:05
座長:中川 聡 (国立成育医療研究センター)
         藤島清太郎(慶應義塾大学医学部 総合診療教育センター)
13 : 05〜14 : 05 “救急科領域講習”
         敗血症最新エビデンス 2018
         松田 直之(名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野)
第2部 14:05〜15:35 「敗血症劇的救命! ─私はこうやっている-」
座長:松嶋 麻子(名古屋市立大学大学院医学研究科 先進急性期医療学)
          井上 貴昭(筑波大学附属病院 救急・集中治療部)
コメンテーター:志馬 伸朗(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 救急集中治療医学)
14 : 05〜14 : 25 症例1:骨盤外傷後の難治性ショック:出血性ショック?敗血症性ショック?”
          光山 裕美(大阪大学高度救命救急センター)
14 : 25〜14 : 45 症例2:VA-ECMO(Extracorporeal membrane oxygenation)
          管理を要した劇症型A群溶 連菌感染症の1救命例
          今枝 太郎(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学)
14 : 45〜15 : 05 症例3:多職種スタッフで取り組む敗血症診療連携
          〜大腸癌多発肝転移患者に発症した壊死性筋膜炎の1例を振り返って〜
          星野 哲也(筑波大学附属病院 救急・集中治療部)
15 : 05〜15 : 25 症例4:敗血症診療におけるPatient-Centered Therapy
          〜患者が主体的に治療へ参加した1例〜
          河合 佑亮(藤田保健衛生大学 看護部)
15 : 25〜15 : 35 まとめ
15 : 35〜15 : 45 休憩
第3部 15:45〜16:55 敗血症患者からのメッセージ・特別講演
座長:井上 茂亮(神戸大学大学院医学研究科 災害・救急医学分野 先進救命救急医学部門)
15 : 45〜16 : 10 私が敗血症になって感じたこと
          長澤 俊郎
16 : 10〜16 : 55 特別講演:救急診療における抗菌療法とAMR
          志馬 伸朗(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 救急集中治療医学)
16 : 55〜17 : 00 閉会の辞 日本救急医学会 敗血症合同活動委員会 委員長 小倉裕司

※プログラムは多少変更となる場合がございます。
※開場・受付開始は12:00からとなります。
※救急科専門医が本セミナーに参加した場合、現制度(日本救急医学会)における専門医更新のクレジット10点、新制度(日本専門医機構)の救急科専門医更新基準「救急科領域講習」として1単位が与えられます。
※出席証明書はセミナー終了後に受付にてお渡しいたします。

※当日の遅刻・早退について
13:15以降の入場、16:45以前の退出は出席として認められません。
出席証明が必要な方は予めご注意ください。ご不要の場合は先の時間にかかわらず途中参加可能です。


◇申込期間
1.申込期間
2018年10月2日(火)〜 11月12日(月)
  • 先着順に受け付けますので、申込期間中であっても定員に達し次第締め切りますのでご容赦ください。
  • 多くの方にご参加いただくためにも、とりあえずのお申込はくれぐれもご遠慮ください。
2.受講料振込
受講申込者には、申込完了時に申込確認メールをお送りします。受講料の振込先・振込期限を記載しておりますので、必ず期限日までにお振込みください。期限日までにお振込みが確認できない場合は、受講キャンセルとなりますのでご注意ください。
※領収証は当日配布する名札の裏側に記載してお渡しいたします。

3.受講決定
受講料のお振込み後、受講受付証ハガキの送付をもって入金確認と受講決定とさせていただきます。当日は受講受付証ハガキを必ずお持ちいただき、受付でご提示ください。
11月26日(月)までに受講受付証ハガキが届かない場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

4.当日持参物
  • 受講受付証ハガキ
5.申込後のキャンセル・変更
  • 申込後のキャンセルは一切受け付けておりません。
  • 受講料は理由の如何にかかわらず返金できませんので、予めご了承ください。
  • 受講者の変更は認めておりません。必ずご本人がお申込みください。
6.申込方法
下記ボタンをクリックいただくと、敗血症セミナー運営事務局の株式会社ジェフコーポレーションの申込ページが開きます。申込方法をご確認の上、お申込ください。
※日本救急医学会、日本集中治療医学会の会員の方へ
お申込時は所属学会員番号の入力をお願いいたします。両学会にご所属の場合は、どちらか一方の会員番号を入力することで、後日、両学会の会員データへ参加履歴が反映されます。
非会員としてお申込された場合は会員データに出席登録ができない場合がありますのでご注意ください。

10月2日(火)10:00からお申込みいただけます。

※申込後のご連絡:
申込後、運営事務局(株式会社ジェフコーポレーション)より申込確認メールをお送りします。受講料の振込先・振込期限を記載しておりますので、必ず期限日までにお振込みください。
なお、申込時に提供された情報は本セミナーに関するご連絡以外の目的に使用することはありません。

◇お問い合わせ先
 敗血症セミナー運営事務局(株式会社ジェフコーポレーション内)
 担当者:石渡、川口
 〒105-0004 東京都港区新橋5-20-3新橋STビル4F
 電話:03-3578-0303 FAX: 03-3578-0304
 メール:jimu2@jeff.co.jp




このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine