Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

救急医のためのMCセミナー(参加者募集)

救急医のためのMCセミナー

 第2回「救急医のためのメディカルコントロール」セミナーを下記の要領で開催いたします。
 本セミナーは、メディカルコントロールに関わる救急科専門医と救急科専門医を目指す会員を対象としておりますが、非会員でもご参加いただけます。
 救急科専門医が本セミナーに参加した場合、現制度(日本救急医学会)における専門医更新のクレジット30点が与えられます。また、新制度(日本専門医機構)においては「救急科領域講習」の4単位が与えられます。

◆日時: 平成30(2018)年5月31日(木) 10:00〜15:00 (9:30開場)
◆場所: 名古屋国際会議場1号館4階 141・142会議室
       〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号
       http://www.nagoya-congress-center.jp/access/
◆定員: 150名(先着順)
◆参加費: 11,000円
◆受付締切日:平成30年5月18日(金) 5月22日(火)まで延長
       ※但し、定員になり次第、締め切らせていただきます。

プログラム内容:
※時間配分については未定です。講師については変更になる場合がございますのでご了承ください。
1.救急医療とメディカルコントロール:堺市立総合医療センター 横田順一朗
2.救急業務の担い手と医師の関係:救急振興財団救急救命九州研修所 郡山一明
3.メディカルコントロールにかかわる組織と法的根拠:東海大学医学部救命救急科 辻友篤
4.プロトコールの読み方・使い方:札幌医科大学救急医学 上村修二
5.オンラインで行う指示,指導・助言:救急振興財団救急救命東京研修所 田邉晴山
6.検証とフィードバック:福岡市民病院救急科 野田英一郎
7.病院実習における教育:札幌市民病院 佐藤朝之
8.医師が出動する医療でのメディカルコントロール:公立豊岡病院但馬救命救急センター 小林誠人

取得単位:
救急科専門医が本セミナーに参加した場合、現制度(日本救急医学会)における専門医更新のクレジット30点、新制度(日本専門医機構)の救急科専門医更新基準「救急科領域講習」として4単位が与えられます。

当日の遅刻・早退について(出席登録が必要な方はご注意ください):
1.単位取得は講義毎ではなく、10:00〜15:00まで受講して、現制度(日本救急医学会)における
 専門医更新のクレジット30点、新制度(日本専門医機構)の「救急科領域講習」として単位取得と
 なります。
2.開始後30分以降の入場、終了前30分以前の退出は出席として認められません。
3.公共交通機関の遅延により、会場到着が遅れた場合は、必ず公共交通機関発行の遅延証明書を
 受付においてご提示ください。証明書が無い場合の遅刻は、上記2の対応を取らせて頂きます。
4.出席登録不要の場合は、上記時間に関わらず途中参加可能です。

参加費の振込みについて:
申込者にお送りする返信メールに受講料(11,000円)の振込先・振込期限が記載されておりますので、必ず期日までにお振込ください。

参加決定について:
参加費のお振込み完了をもって参加決定となります。
郵送、メール等での参加決定通知は致しません。

当日持参物:
・参加費の振込を証明するもの(ATM利用明細、送金完了画面などのコピー)
・e医学会カード(日本救急医学会会員の方のみ)

その他:
・昼食(お弁当)付
・テキスト(『救急医療におけるメディカルコントロール』)については、当日会場にて配布します
・第1回「救急医のためのメディカルコントロール」(2017年10月23日開催)の受講者は参加でき
 ません

申し込み方法:
参加申し込みは専用フォームよりお申込みください

会員の方はこちらから  

非会員の方はこちらから

※日本救急医学会会員で会員専用ページに未登録の場合は登録をお願いします。
登録の手順はこちら

参加申し込み者には、参加費の振込に関するメールが届きます。
メールが翌日(土日祝除く)までに届かない場合には、下記お問合せ先にご連絡ください。

お問合せ先:
日本救急医学会メディカルコントロール体制検討委員会
E-mail: jaam-5@bz03.plala.or.jp


このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine