Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

Acute Medicine & Surgery(AMS) の出版について

平成25年6月14日

一般社団法人 日本救急医学会
代表理事 行岡哲男


Acute Medicine & Surgery(AMS)は日本救急医学会が出版する査読を伴う英文の医学電子ジャーナルです。10月のアジア救急医学会開催期間中に事前閲覧(Early View)を開始し、2014年1月より正式に刊行の予定です。論文の審査と掲載決定等の編集作業は、国際的な編集委員会(田中裕 編集委員長)がこれを担当します。内因・外因を問わず急性病態に関する幅広い研究論文を受付けます。外傷・熱傷を含む急性疾患の疫学的研究、救急システムや病院前救護、さらに救急室での初療から集中治療に至る幅広い領域の論文を受付けます。

AMSを支える基本軸は多様性と同一性です。上に述べたように、多様な観点から急性病態を捉えることを試みますが、同時に掲載される論文は同一性が求められます。この同一性とは、観察事実に基づき合理的に論旨を進め、結論を得るという科学的な方法を意味します。広範な人々の了解が成り立つ科学的方法論という同一性をもって、多様な観点から急性病態を描き・解き証し、これを踏まえて救急診療に資するメッセージの発信をAMSは目指します。

AMSは会員以外の誰でも投稿可能であり、また今後2年間は誰でも閲覧可能です。2年後には、会員以外は閲覧有料となりますが、会員には(2年以降も)それまでと同様な閲覧が可能であり、AMS発刊や会員以外の有料化に伴う会費等の増額はありません。

投稿規定等は改めて本ホームページでもご紹介しますが、7月以降論文の受付もはじまり、AMSのサイトも立ち上がります。なお、問い合わせはWiley Blackwell 日本支社の佐々木(ksasaki@wiley.com)までお願いします。

以下に、AMSのaims and scopeを掲載します。また、本HPのInformation in English の記載もご参照下さい。


Acute Medicine & Surgery (AMS) is an international peer-reviewed academic journal on acute medicine and surgery. Acute medicine covers a wide range of clinical areas, detailing cases of acute illness or injury. The journal contains pathophysiological analyses of acute illness or injury, whether the cause is medical and/or surgical. Studies of acute medicine include initial care in the emergency room, definitive treatment during acute phases of illness or injury and may also include subsequent critical care. In addition, acute medicine studies health care systems for acute patients, medical control systems and disaster medicine.

AMS seeks to share academic achievements among specialists and generalists who may be involved in studies of acute medicine and its clinical practice. AMS contains editorials, review articles, original papers, and letters to the editor relating to a published issue and/or a particular matter that may be of benefit to the greater readership. Case reports may be published if their clinical or scientific validity is considered significant for publication.



このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine