Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

【救急科専門医 新規申請】について

2019年1月1日より、救急科専門医新規申請の受付を開始いたします。
申請を希望される方は、専門医認定制度(制度規則・細則)救急科専門医新規認定申請審査方法をご確認の上、申請書類をご提出ください。
 また、一旦振り込まれた申請手数料はいかなる理由があっても返還されません。 申請手数料を支払われ、書類が期日までに届かない場合は、申請なしとなる上に、 申請手数料は返還されませんので十分ご注意ください。

【申請資格(専門医認定制度規則第8章第14条)】

  1. 日本国の医師免許を有すること。
  2. 申請時において,継続して3年以上本学会の会員であること。
    今回申請できるのは、2016年(平成28年)12月までに入会の方
       会員専用ページ(e医学会)>学会会費情報 で入会年をご確認ください
  3. 5年以上の臨床経験を有すること。
    今回申請できるのは、2014年(平成26年)6月までに医師免許取得の方
  4. 専門医指定施設またはこれに準じる救急医療施設において,救急部門の専従医として 3 年以上の臨床修練を行った者であること。または,それと同等の学識,技術を習得した者であること。
    今回申請できるのは、2019年(平成31年)3月までに救急勤務歴3年以上(見込含む)の方

【提出先】

〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-12 ケイズビルディング3階
日本救急医学会 専門医新規申請係

【提出締切日】

2019年2月28日(木)【消印有効】
締切日を過ぎて提出された申請書類は一切受理せず返却いたしますので、ご注意ください。
必ず、配達記録の残る方法(簡易書留、レターパックプラス、宅急便等)で送付して下さい。

【指導者について】

第1次(救急勤務歴)審査および第2次(診療実績)審査において、申請者が救急勤務歴や診療実績を申請する施設について指導者による証明が必要となります。

指導者とは:申請時にその施設に常勤する救急科専門医(不在の場合は認証資格者)のことをいう。

指導者が不在の施設での証明は認められませんので、救急科専門医が在籍しない施設での救急勤務歴を提出する場合は、募集要項をご確認の上、必ず認証資格者の申請を行ってください。
認証資格者申請の受付期間は、2018年12月1日(土)〜31日(月)【消印有効】です。

※救急科専門医名簿は本学会ホームページに掲載しておりますが、必ずしも申請時の資格を保証するものではありません。指導者の在籍については、申請者自身が指導者に直接確認してください。

※異動等により指導者が不在となった場合には、新たな認証資格者の申請が必要です。

【審査方法について】

 救急科専門医新規認定申請 審査方法PDF

【申請書類について】

第1次(救急勤務歴)審査の申請書類は下記よりダウンロードしてください
通常申請者用
  • 初めて申請する方
  • 昨年度申請で救急勤務歴審査が不合格の方
  • 昨年度申請で救急勤務歴審査に合格しているが救急勤務歴に変更があり再受審を希望する方(診療実績審査も再受審となります)
  • 昨年度申請が3回目の免除申請だった方(免除申請は連続3回(3年間)のみ適用)
  • 免除申請および事前登録の対象でない方
ZIP
免除申請者用
  • 昨年度申請で救急勤務歴審査に合格している方 (ただし、審査の免除は連続3回(3年間)のみ適用のため、昨年度申請が免除申請連続3回目の場合は「通常申請者用」で申請してください)
  • 平成28(2016)年審査、もしくは平成29(2017)年審査で救急勤務歴審査に合格しているが、申請者自身の病気・留学が理由で連続申請ができず免除申請を希望する方
PDF
事前登録者用
  • 現行制度化下での試行プログラムにおける事前登録者(2014〜2016年に事前登録をした方)
ZIP


日本救急医学会 専門医新規申請係
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-12
ケイズビルディング3階
TEL 03-5840-9870  FAX 03-5840-9876

 
このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine