日本救急医学会・医学用語解説集

索引 > >

喘ぎ呼吸

瀕死状態で認められるほぼ完全な呼吸中枢機能消失による異常な呼吸パターンで,開口しておこなう深い努力様呼吸である。毎分数回以下の徐呼吸となり,長い呼吸停止をともなう。吸気時に呼吸補助筋の協働運動のため頭部を後ろへ反らす動きを認める。呼吸停止期は徐々に延長し放置すれば確実に死に至る。有効な換気運動がなされないため直ちに救命処置(CPR)が必要である。

ページトップに戻る