日本救急医学会・医学用語解説集

ホーム > 医学用語解説集 > 索引 >

医学用語 解説集

代償性抗炎症反応症候群

侵襲時のサイトカインを中心とした免疫‐炎症反応のうち,抗炎症性サイトカインが優位となった状態。手術・外傷・熱傷などの侵襲に対し生体は,炎症性サイトカインであるTNF-α,IL-1,IL-6などを誘導する。一方生体の恒常性維持のため,抗炎症性サイトカインであるIL-4,IL-10,IL-11,TGF-βや炎症性サイトカイン拮抗物質であるsTNFR,IL-1raも誘導される。炎症性サイトカイン優位な状態をSIRS(systemic inflammatory response syndrome)といい,一方,抗炎症性サイトカイン優位の状態をCARSという。感染防御機能が低下し(immunoparalysis)感染症が難治化,さらに重症化する危険性が高くなる。

索引に戻る トップページへ