日本救急医学会・医学用語解説集

索引 > >

努力呼吸

安静時呼吸では使用されない呼吸筋を動員しておこなう呼吸を努力呼吸という。健常者における安静時呼吸は通常横隔膜や外肋間筋などの呼吸筋の収縮と弛緩によってのみおこなわれる。その結果,胸腔内圧は,呼気終末を除き陰圧に保たれている。それに対して努力呼吸では,吸気時には胸鎖乳突筋などの補助呼吸筋を用い,呼気時には内肋間筋や腹筋を活動させている。その結果,呼気時全体を通じ胸腔内圧は陽圧となる。重度の低酸素血症や喘息などの時にみられる。

ページトップに戻る