日本救急医学会・医学用語解説集

索引 > >

チェーン・ストークス呼吸

小さい呼吸から一回換気量が漸増し大きな呼吸となった後,一回換気量が漸減し呼吸停止(10‐20秒程度の無呼吸)がおこり,その後再び同様の周期を繰り返す呼吸。周期性呼吸の代表例。1周期は30秒から2分くらいのことが多い。中枢神経系が障害され,呼吸中枢の感受性が低下した場合や脳の低酸素状態の際に見られる。

ページトップに戻る