ER検討委員会 ホームページ

一般の皆様向け FAQ

ER型救急システムとはどういうものかを教えてください

ER型救急システムとは、北米のER(ED: emergency department)で行われている救急システムを参考に作られたため「ER型」と名付けらました。基本的に全ての救急患者に対応する救急初期診療型で、ERで働くERドクター(ER専門医)は全ての科の初期診療を行います。また、walk in(自力で救急室を訪れた)の患者にはトリアージナース(治療優先順序の判断ができるナース)が対応し、緊急性があるかないかの判断を行います。緊急性があると判断されれば、救急車で来院の患者同様、ERドクターの診療を緊急に受けることとなります。ERドクターは初期診療後、入院が必要な患者は全てその担当科に振り分け、入院患者や手術には基本的には関与しません(図1)。ERドクターが行う救急初期診療とは、診断・初期治療・advanced triage(disposition)をさします。ちなみに、advanced triage(disposition)とは、救急患者の方向性のことで、具体的には、帰宅させるのか入院させるのか、入院させるのならどの科にどの時点で話を持っていくかの判断のことです。

図1 ER型救急システム
図1 ER型救急システム

ERドクターとはどのような医師を指すのでしょうか?

「ER型」の絶対的必要条件として、全ての救急患者を横断的に診て救急初期診療を行う能力を有するERドクター(ER専門医)の存在が不可欠であることを述べてきました。しかし、現在の日本ではERドクター(ER専門医)の数は非常に少なく、将来的展望も未だ出ていないのも事実です。ERドクター(ER専門医)の養成はこれからの日本の救急医療の課題です。

そこで、ERドクター(ER専門医)の条件を並べてみます。

  1. ERの専任医師であり、各科の業務を兼任しない。
  2. 手術、入院患者、専門外来には関与しない。
  3. 全ての救急患者(全ての科)の初期診療を行う能力を有する。
  4. 上記3の初期診療とは、診断・初期治療・advanced triage(disposition)をいう。

現在の日本では、施設の問題などから「2」については異論が出るかもしれませんが、ここでは、基本的な考え方について触れたまでです。

現在の日本の救急システムにはどのような型があるのでしょうか?

現在の日本の救急システムは施設ごとに違いが見られますが、大別すると3種類に分かれます。まず、現在の日本の救急システムを大きく分けると「集中治療型(critical care型)」と「救急初期診療型」の二つに分けられます。そして、「救急初期診療型」は「ER型」と「各科相乗り型」の二つに分けることができます。「集中治療型(critical care型)」は主に上記の3次救急施設の救急医療体制で、「各科相乗り型」は上記の1・2次救急施設で比較的多く見られる救急医療体制です。

救急医療システムの分類

  1. 集中治療型(critical care型)
  2. 救急初期診療型
    1. ER型(ER:emergency room)
    2. 各科相乗り型
  仕事現場 仕事内容
集中治療型 集中治療室(病棟) 救急初期診療にはタッチせず重症入院患者の集中治療
ER型 救急外来 科にかかわらず、全ての科の救急初期診療
各科相乗り型 救急外来から病棟まで 自分たちの科の救急初期診療から病棟での治療まで

日本では1次救急、2次救急、3次救急という言葉がありますが、
どういう意味なのですか?

大まかには下記のように理解していただくと分かりやすいと思います。
1次救急:
軽症患者(帰宅可能患者)に対する救急医療
2次救急:
中等症患者(一般病棟入院患者)に対する救急医療
3次救急:
重症患者(集中治療室入院患者)に対する救急医療
これらの関係を図に示しますと図2のようになります。
図2 従来の日本の救急システム
従来の日本の救急システムを図解したもの
English