ER検討委員会 ホームページ

第36回日本救急医学会総会・学術集会

日時:
平成20年10月14日(火)
場所:
札幌・ロイトン札幌
プログラム:
パネルディスカッション6:ER診療〜教育における質の保証と標準化〜

(以下 敬称略)

ER診療〜教育における質の保証と標準化〜

司会:
寺澤 秀一
所属:
福井大学救急医学教授
司会:
堀 進悟
所属:
慶應義塾大学医学部救急医学准教授

演題

1 ERにおける医の倫理・プロフェッショナリズムとその教育

演者:
山下 雅知
所属:
日本救急医学会ER検討特別委員会

2 ERにおける診療・教育の質の保証と標準化―委員の所属する施設を対象とした検討―

演者:
瀧野 昌也
所属:
日本救急医学会ER検討特別委員会 後期研修プログラム検討小委員会

3魅力的ER後期研修プログラムの創造と取組

演者:
林 寛之
所属:
福井県立病院救命救急センター

4 山間部新型救命救急センターERのwalk-in患者におけるKiller diseaseの頻度は0.5

演者:
上山 裕二
所属:
徳島県立三好病院救命救急センター

5 当院ERにおける夜間・休日救急外来受診患者のチャートレビューおよびレビューカンファレンスについて

演者:
武内 有城
所属:
名古屋記念病院救急部

6 救急医療教育における救急外来クリティカルパスの有用性

演者:
安心院 康彦
所属:
川崎市立川崎病院救命救急センター救急科
English