ER検討委員会 ホームページ

第32回日本救急医学会総会・学術集会

日時:
平成16年10月29日(金)
場所:
幕張メッセ
プログラム:
ワークショップ2:ERにおける臨床研究をめぐって

(以下 敬称略)

ERにおける臨床研究をめぐって

司会:
鈴木 幸一郎
所属:
川崎医科大学
司会:
濱邊 祐一
所属:
東京都立墨東病院

演題

米国救急医学会雑誌からみたERにおける臨床研究の一考察

演者:
田中 拓
所属:
高知市民病院

ER受診患者のデータベース化による疾患動向のモニタリング

演者:
鈴木 宏昌
所属:
茨城西南医療センター病院

ER診療の質向上を目的とした患者データベース

演者:
森下 由香
所属:
手稲渓仁会病院

ERは臨床データの宝庫である

演者:
瀧野 昌也
所属:
長野救命医療専門学校準備室

「ERでの臨床研究」の支援ツール

演者:
堀 進悟
所属:
慶應義塾大学

ERでの良質な臨床研究には的確な臨床所見収集能力を有する救急医の存在が不可欠である

演者:
上山 裕二
所属:
聖マリアンナ医科大学

ERにおけるリスク層別化を主題とした臨床研究

演者:
鈴木 昌
所属:
慶應義塾大学

ER型救急部における臨床研究の実績と問題点

演者:
千代 孝夫
所属:
日赤和歌山医療センター

ERにおける研究は診療・教育と表裏一体である事が条件である

演者:
木村 眞一
所属:
大阪厚生年金病院

ERにおける「質」の検証と臨床研究

演者:
伊良部 徳次
所属:
国保旭中央病院
English