ER検討委員会 ホームページ

第9回(平成24年度 第1回)ER検討委員会議事録

日時: 2012年6月17日(土) 19時00分から20時00分まで
場所: 熊本県立劇場 第6控室
出席者:
(敬称略・順不同)
委員:
太田祥一委員長、嶋津委員、太田(凡)委員、木村委員、鈴木委員、森村委員、阿南委員、広瀬委員、本多委員、中江委員
Active member:
瀧、堀、中森、宮道、金井、中村、西本、小山、上山、武田
文責: 本多

議事内容

事務連絡・報告

1.第8回委員会(2011年9月21日)開催の報告・議事録確認(後述)

2.事務連絡(鈴木)

Active memberの名簿確認:新たな追加メンバー6名、所属変更等あれば適宜更新
HP更新について:第 39回委員会企画パネルディスカッションを追加

3.新委員の紹介(太田委員長)

藤沢市民病院 阿南委員
近畿大学医学部附属病院 中江委員

4.SAEM annual meeting 発表演題 (鈴木)

5月にシカゴで行われた頭記学会で先般行ったアンケートの結果を口頭発表した。 International emergency medicine sectionのnews letterに日本の現状についての報告を掲載する予定になっている。

5.アジア救急医学会(嶋津)

来年度のアジア救急医学会 2013年10月23日〜25日で開催(日本7番目開催)
各セッション、一般演題へ是非、ふるって応募、参加をしてほしい。

6.専門医制度とER型後期研修について(太田委員長)

本年4月に専門医認定委員会から依頼について紹介
ER後期研修医プログラム認定作業
(他科ローテーション事前登録:審査=ER検討委員会、認定=専門医認定委員会)
他科ローテート期間を含めER専従期間の認定などの事項につき、作業WGの小委員会を立ち上げて活動していく。
以下 ER型後期研修プログラム検討小委員会

7.ER型後期研修プログラム検討小委員会について(太田凡)

小委員会委員長(太田凡先生)より議事録、年間スケジュールの作成中について活動を紹介。アクティブメンバーの中から小委員会に追加指名し、ワーキンググループとして機動的に活動予定。救急医学会として後期研修医プログラム認定作業を来年度から開始予定。

8.第40回 日本救急医学会学術集会演題発表についての報告

ER関連パネルディスカッションが予定されており、ER検討委員会からは太田凡委員と本多委員が発表予定である。

9.その他

厚労省 専門医認定あり方委員会 総合医構想について議論に上がっている。本学会として総合医構想に救急医がどのように関わっていくのか意見をまとめる必要がある。⇒ 太田委員長より小委員会立ち上げの提案 (鈴木委員を中心に)
以上
English