ER検討委員会 ホームページ

平成22年度 委員会活動報告書

報告者:
日本救急医学会 ER検討委員会 委員長:太田 祥一
報告日:
平成23年1月11日

委員会開催期日と議事内容

第1回 ER検討委員会(平成22年1月25日)

  • 旧ER検討特別委員会からの引き継ぎ

第2回 ER検討委員会(平成22年5月31日)

第3回 ER検討委員会(平成22年8月3日)

第4回 ER検討委員会(平成22年10月9日)

第5回 ER検討委員会(平成22年12月9日)

報告内容

  1. 特別委員会から常設委員会への昇格
    旧ER検討特別委員会からER検討委員会に昇格した。第1回委員会会議において活動方針の踏襲が決定されと引き継ぎを行った。主な方針は、@委員会委員以外にER型救急医療に興味を持つ医師をActive memberとして登録しメーリングリストを通じて情報交換を行う、Aホームページを維持・更新する、BER型後期研修プログラムの検証を行う、C将来計画委員会・6委員会合同会議(以下、合同委員会)で指摘されたER型救急医の指導医資格取得要件についての検討、である。
  2. ER型救急医療に関する実態調査
    平成19年に行った救急科専門医指定施設を対象にしたアンケート調査の結果は日救急医会誌に掲載された(日救急医会誌(JJAAM)  2008 ;19 :416-423、日救急医会誌(JJAAM)  2009 ;20 :871-881)。その後の動向の調査とER型後期研修プログラムの検証を目的として第2回目となる調査を11月から実施している。この結果は第39回総会・学術集会等を通じて発表の予定である。
  3. ER型救急医療と指導医資格要件について
    合同委員会報告書の指摘に基づき、ER型救急医の指導医資格取得を促進するための資格取得要件の検討を行った。Active memberから広く意見を募った後、委員会委員で検討を進めた。近日中に答申を行う予定である。
English